自身の家をデザインする注文住宅の極意~川崎エリア編~

設計が肝心

戸建て

注文住宅を建てる場合、自分で建てたい家のイメージをする段階からスタートするのでいくつかの段階があります。どんな家をどんな場所に、どのように設計して建てていくかまでしっかり考えることが大切です。

Read more

費用の前後

押入れ

注文住宅では、実際に掛かる費用には家本体にかかる費用に加えて、それ以外の費用もいくつかあります。また、場合によっては予想していたよりも費用が前後する可能性もあるので事前に確認する必要があります。

Read more

理想を叶える家

綺麗なリビング

注文住宅をお願いする場合、どの工務店にお願いするか、設計事務所か、ハウスメーカーかの3種類に分けられます。それぞれに特徴があるので、自分の理想の家を建てるにはどの依頼先が良いかしっかり考える必要があります。

Read more

周辺にも考慮する

民家

注文住宅の土地選びは、特にチェックする点が多くあります。もし建てた家を建て替えるとなったときに重要な法律面や地盤、また、その土地の敷地や周りの環境も大切です。依頼先に相談しながらじっくり考えることが大切です。

Read more
見晴らしのキレイな家

特徴が多い

寝室

一戸建ての家を買う際に、大金を払って家を買うので、せっかくなら自分の理想の家を建てたいと思う人少なくありません。
設計の段階から自分で考えたい、理想の部屋にしたいという希望や要望が多い人に人気が高いのが注文住宅です。
注文住宅はやはり初めの段階から自分自身の意見を入れて設計していくのでどうしても時間がかかります。
しかしながら、リビングのデザインは北欧風なつくりにしたい、外観だけは和風のデザインにしたいという要望1つ1つを大きく反映することができるので、非常に自由度が高いといえます。
分譲住宅の場合であれば、家としてバランスのとれたつくりにはなっていますが、和室のデザインだけが気に食わない場合や、キッチンだけもう少し広ければ申し分ないといった場面も多くあります。
注文住宅であれば、工務店などが初期の段階から細かな相談や疑問に応じてくれるのでより理想の家を手に入れることができます。

家を建てる場合、デザインや間取りだけではなく、建築資材も自分で自由に選ぶことができます。
特に、こだわりたい部分にだけお金をかけ、そこまでこだわる必要のないと感じた所はできるだけコストを抑えるということも可能になります。
設計前に、担当の人と相談し、ところどころの予算配分を一緒に考えることができるので、予算を自分で調整することが可能です。
建築資材を調整することで、全てデザイナーに任せるよりもより安いコストで理想の家ができることが魅力です。

注文住宅の場合、住宅性能表示制度という制度があり、評価機関によって建設中の家を検査することが可能となる制度です。
この評価は注文住宅だけではなく、分譲住宅でも行われている制度になります。
建設中の現場に出向いて、その現場の管理者に気になる点や建設方法などを気軽に質問することができるので安心して任せることができます。